肌荒れの主な原因

肌荒れの主な原因

肌荒れの主な原因

肌荒れの原因は人それぞれです。しかしその原因を解決しなければ、ケアしても効果がないか、また再発してしまうことになりかねません。解説を読んで心当たりがあれば、改善していきましょう。

 

主な原因の一つに、食生活が挙げられます。美肌維持のためにはミネラルが豊富な食べ物を摂取することが大切です。フルーツや野菜など、ビタミン類も摂取できているでしょうか。サプリメントに頼るのではなく、できるだけ食事から摂るように心がけましょう。

 

次に、考えられるのが睡眠不足です。夜の10時から夜中2時までがお肌のゴールデンタイム、つまり肌荒れによるダメージを修復してお肌を再生する働きが活発になる時間帯です。この時間に睡眠をとらないと、お肌の再生がスムーズに行われません。重要なのは、何時間寝るかではなくこの時間帯に毎日睡眠がとれているかなのです。

 

生活環境にも原因があるかもしれません。エアコンのききすぎた湿度の低い環境にいませんか?肌の水分バランスが崩れると、乾燥してお肌のバリア機能も低下してしまいます。
どれにも当てはまらないのであれば、生理前などホルモンバランスの乱れなどが考えられます。周期的なものですので、時間がたてば解決します。

 

ニキビ 原因

肌荒れと便秘の関係性については、肌荒れの原因の1つとして挙げられることです。
その理由は、慢性化すると、腸内には常に便が停滞することになります。便は老廃物の塊ですので、出来るだけ早く体外へ排出する必要があります。長い時間便が体内に留まっていると、善玉菌が減少し、悪玉菌が増えてしまうため、有害物質やガスが発生します。
有害物質が発生すると、身体はそれを排出しようとします。しかし、腸には便が詰まっているためなかなか排出できません。そうなってくると、有害物質は腸壁から吸収され、血液の中に溶け出して全身を巡ります。体内に取り込まれた有害物質は汗は皮脂などに交じって毛穴から排出されます。この場合に、通常の肌細胞の働きだけではお肌の新陳代謝が追い付かなくなり、汚れを取り除ききれず肌荒れの原因となってしまうのです。

 

つまり、便秘を改善すれば、肌荒れにも効果があると言えます。

 

では便秘の改善方法として代表的なものをご紹介します。まず充分な水分を取ることが大切です。1日2リットルの水を飲むと効果があると言われています。

 

次に、食物繊維を取ることです。食物繊維を多く含む代表的な食品として、納豆、ゴボウ、おくら、玄米などがあります。
減ってしまった善玉菌を増やすためにヨーグルトを食べる事も効果的。朝食べるイメージの強いヨーグルトですが、実は夜に食べた方がより効果が期待出来ます。
お通じを良くして身体の中からキレイを手に入れましょう。

 

美肌サプリランキング

続きを読む≫ 2015/03/11 17:55:11

ホーム RSS購読 サイトマップ